慢性胃炎と口臭の関係

口臭の原因はコレ!?お口の中からドロドロ汚れが!!ナタ・デ・ウォッシュ

口臭の原因は慢性胃炎?

胃に何かしらの刺激が加わり続けることで胃が慢性的に炎症を起こす症状を
慢性胃炎といい、ピロリ菌など細菌の感染以外にもストレスや過度の喫煙や
飲酒が原因で引き起こすことも少なくありません。

 

それ以外にも糖尿病やアレルギー、薬の副作用が原因の場合もあるため
要因の特定が難しく、自己での完治は困難なため厄介です。

 

慢性胃炎の症状において最も厄介なものが口臭であり、定期的に歯磨きをして
虫歯や歯周病の疑いが無い場合でも強い口臭が発生してしまうため、それが原因で
対人恐怖症となってしまったり精神的ストレスで体調を崩してしまう恐れがあります。

 

胃炎によって口臭が発生するのは胃酸の減少が原因であり、食べたものを消化出来ず
未消化のまま胃の中に長く滞在することによる発酵臭が匂いの発生源となります。

 

またピロリ菌が原因の場合は逆に胃酸が大量に分泌されてしまい、
その酸の匂いが逆流することによる強い匂いが口臭の原因となります。

 

口臭を改善するにはデンタルケアではなく消化器官の治療が先決ですので、
まずは原因を特定するために検査を受けることが大切です。

 

そして慢性胃炎が悪化しないためにも日々の食生活や生活スタイルを改善することをおすすめします。



ありえない口臭汚れに絶句!!>>> ナタ・デ・ウォッシュ